• ホーム
  • 誰にも相談できない性病の事なら、専門の電話相談を利用してみてください

誰にも相談できない性病の事なら、専門の電話相談を利用してみてください

性病は性交渉をもつ機会のある生活をしている限り、老若男女だれでも感染する可能性のある病気です。感染のきっかけが性行為や性的接触行為であって、性器周辺に症状が頻発する特徴を持っていますが、感染症の一種と認識すればごくありふれた病気と言うことも出来ます。

しかし何分、性行為がきっかけになるだけに、後ろめたい思いを抱く方が多いのが事実で、尾篭な問題も含むだけに出来れば、誰にも口外したくないというのが正直なところでしょう。しかしながら性病は症状が出現すれば自然治癒することはなく、放置すれば悪化する一方です。

HIVを放置すれば症状は間違いなく悪化し最終的にはエイズを発症することになります。エイズになれば重篤な肺炎やエイズ特有の認知症などの深刻な病状へと進行し、生命の危機に直面することになるのです。生命にまで影響は波及しない場合でも、不妊症の原因になる事も珍しくありません。性病も他の病気と同様に、早期発見すれば治療の手間も費用もかけることなく、治癒を期待できます。

HIV感染症やエイズであっても現在では治療薬で症状をコントロールするのは可能です。問題なのは病院や保健所などで検査を受けて、一国も早く治療につなげることにあります。保健所では費用もかけることなくHIIV感染の有無を検査することが出来ます。もちろんプライバシーは保護されるので、検査結果が漏洩する心配もありません。しかし相談窓口に赴いて相談するのも、抵抗感をお持ちなら電話相談という選択肢が用意されています。特にHIV感染に心配をお持ちなら、HIV検査・相談マップの利用をおすすめします。

HIV検査・相談マップとは、厚生労働省のHIV検査相談体制の充実に関する研究班が運営している、総合的なHIVに冠する情報サイトになります。厚生労働省関係者が運営に携わっていることもあり、HIV検査・相談マップでは、HIVやエイズに関するFAQにはじまり、悩みのレベルや内容に応じた電話相談窓口を簡単に知ることができる仕様になっています。

特にHIV感染の相談先に困ったときに、最適な相談窓口がきめ細かく掲載されいるので、HIV感染に関して心配をお持ちの方なら、最適の相談窓口にコンタクトできるように配慮されているのです。電話相談相談先のなかには、病院などの医療機関だけでなく支援団体などの窓口も掲載されています。誰にも相談できないときは、HIV検査・相談マップなどの電話相談窓口の利用をしてみるのが解決への第一歩です。