• ホーム
  • おりものがいつもより臭い・・「膣カンジダ」という性感染症かもしれません

おりものがいつもより臭い・・「膣カンジダ」という性感染症かもしれません

カプセルが乗っているスプーン

日本人女性の5人に1人が経験するともいわれているほど、多い性感染症の一種が膣カンジダになります。カンジダとは白癬菌などと同じカビ(真菌)の一種で、人間の身体のどこにでも生息している常在菌の一種です。常在菌とは常に感染している微生物のことで免疫機能が正常のレベルで維持されている限りは、一定以上の数に増殖することはなく、病原性を発揮することはありません。ところが疲労の蓄積や糖尿病・抗菌剤の長期連用など、免疫機能が低下しやすい環境ではカンジダが爆発的に増殖し各種の炎症症状をもたらし膣カンジダの原因になります。

カンジダが生息しているのは、口腔粘膜から消化管粘膜や性器周辺や全身の皮膚などどこにでも分布しています。カンジダはカビの一種である以上、高温多湿な環境は生息増殖するのに格好のコンディションを与えることを意味します。適度な水分と温度の両方が膣やその周辺の外陰部にはそろっているので、条件さえととのえば爆発的な増殖を開始し、膣カンジダを発症する事例が数多く観察されるわけです。

膣カンジダの特徴的な症状は、かゆみや外陰部の灼熱感などの自覚症状と、おりものの色や量の変化などの肉眼的に観察できる変化が特徴です。かゆみの程度は個人差があり、軽い掻痒感程度のこともあれば、膣から外因部に炎症が波及するといたみや灼熱感を覚えることもあるとされています。ただし痒みなどの自覚症状はクラミジアなどの性病が原因になって観察される症状です。

膣カンジダ特有の変化として重要なのは、おりものの変化です。量が増えるほかに重要なのは色味が変化することです。色としては白色や黄色っぽくなったり、普段は感じないにおいを伴うことも珍しくありません。ところでおりものの変化が観察される性感染症には、トリコモナス症もあります。ただしトリコモナス症ではおりものが黄緑色になったり臭いがより強いので、膣カンジダのおりものとは異なります。

ところで膣カンジダは性行為を介して感染が広がるので、性感染症の一種とされています。しかしカンジダ自体は膣や外陰部などの性器に分布している常在菌の一種なので、すでに性生活からは離れた年齢でも発症することがあります。性行為などの心当たりがない方でも、膣カンジダを発症する可能性は否定できません。性感染症の側面があるとはいえ、必ずしも性行為が発症の原因というわけでもないので、おりものの変化や性器の痒みや違和感を覚えたときは注意が必要です。